• ホーム
  • 再発を繰り返す梅毒の予防としてノバモックスをまとめ買いしよう

再発を繰り返す梅毒の予防としてノバモックスをまとめ買いしよう

2019年08月21日
ウィルス

梅毒の治療はペニシリン系の抗生物質の内服が基本であり、初期の段階であれば2~4週間毎日薬を服用し続けます。病院で診察を受けると、梅毒の治療のために、アモキシシリン水和物を有効成分とするサワシリンという薬が処方されます。サワシリンは細菌性の風邪やブドウ球菌・肺炎球菌・腸球菌・淋菌・ピロリ菌などに対して殺菌効果を発揮しますが、細胞壁を持たない細菌に対しては殺菌効果を持ちません。人体に有用な働きをしている常在菌を殺すことがないので、腸内菌への影響が少ないというメリットがあります。

日本国内において抗生物質は医療用医薬品に指定されているため、医師の処方箋がないと購入することができません。薬を購入する場合には、薬代以外に医師の診察料や検査費用も必要です。ネット通販を利用して海外から個人輸入をする方法であれば、医師の処方箋がなくても梅毒の治療薬を購入することができます。ネット通販を利用すると健康保険が適用されずに全額自己負担になりますが、同じ有効成分が配合されたジェネリック医薬品のノバモックスであれば安価で購入ができます。ノバモックスの飲み方は先発薬のサワシリンと全く同じで、用量や注意点についても同じです。薬の副作用についても基本的にサワシリンと同じで、下痢・軟便などを発症する場合があります。口内炎やカンジダ症などの副作用が発症する場合がありますが、これらの発生頻度はかなり低いです。

ノバモックスの飲み方ですが、有効成分500mg相当量(125mg錠であれば4錠)を1日3~4回服用します。1回服用したら、次の服用まで4時間以上の間隔を空ける必要があります。ノバモックスには1錠あたりに含まれる有効成分が異なる2種類のタイプがあり、服用する際は用量に注意が必要です。錠剤タイプであれば125mgと250mg錠の2種類があり、250mg錠であれば1回2錠を服用します。有効成分の量が500mgになるようにすれば、どちらのタイプでも効果は同じです。

梅毒は完治した後も再感染する恐れがあるので、何度も再発を繰り返す場合があります。感染機会が多い方であれば、再発に備えてノバモックスをまとめ買いしておくと良いでしょう。まとめて購入すれば、1回あたりの費用を安く抑えることができるというメリットがあります。使用期限は製造後3年で、梅毒以外にもピロリ菌や扁桃炎・咽頭炎・気管支炎・中耳炎などにも効果を発揮するので便利です。

関連記事
梅毒の検査方法 2019年09月06日

梅毒の検査方法

性的な接触などの梅毒の感染機会が多い人は、早期発見のために定期的に検査を受けることが大切です。梅毒はいくつかの方法で検査をすることが可能で、病気が進行する前に見つけて治療をすることができます。梅毒の感染を調べる場合は、血液検査が行われます。数cc程度の血液を採血して、検査試薬を用いて反応を見ます。血

2019年09月06日
なぜ日本の梅毒は増えているのか

現代は薬を服用するだけで梅毒を完治させることができるので、簡単に治る過去の病気と考える人は少なくありません。ところが最近は日本国内での患者が増加しており、2011年以降は爆発的に患者数が急増しています。近年の日本ではHIVウイルス・クラミジア菌・淋菌の新規感染者数は横ばい、または減少傾向が見られてい

2019年07月22日
梅毒って予防できないの?

梅毒は性器の接触以外にも、オーラルセックスやアナルセックスでも感染をする危険性があります。肌や体液に触れるだけでも感染をしてしまう恐れがあるので、仮にコンドームを着用してアナルセックスをしたとしても、完全に感染を予防することはできません。コンドームを使用する習慣がある人でも、口などの他の場所に梅毒ト

2019年07月05日
梅毒は流産や死産の原因にもなる

国立感染症研究所の報告(2017年3月号)によると、近年日本国内において妊婦が梅毒に感染しているケースが増加しています。妊娠中の女性が梅毒に感染していると胎児にも感染が伝播したり、症状が進行すると流産・死産や新生児が先天的な障害を持って誕生するリスクが高くなります。HIVウイルスの場合は妊娠している

2019年06月23日